まだまだ遅い?東京都の協力金、支給率は約20% (3/22時点)

こんにちは、藤井あきら(東京都議会議員)です。
日々の感染拡大防止へのご協力、誠にありがとうございます。

東京都の飲食店等への時短要請について、4月21日まで延長など様々報道されていますが、こちらは正式に確認ができ次第、Twitterなどでご報告いたします。

本日は、感染拡大防止協力金の最新の支給状況についてお伝えします。

目次

東京都感染拡大防止協力金の支給状況(3/22日時点)

東京都の感染拡大防止協力金については先日記事を書きましたが、3月22日時点で最新の支給状況を確認しました。

詳細は以下になります。

1月8日からの第7回については、現時点で18.7%10,900件が支給済みとのことで、やはり時間がかかっている印象です。

NHKのニュースにもなっていました。
以前から都へは提案しているのですが、リアルタイム(もしくは週次)での支給率の公開ができないものか、引き続き提案を続けてます。

明日25日が締め切り!協力金の申請先はこちらです。

1月8日~2月7日分の協力金に関しては、申請期間が明日3月25日(木)までとなっています。申請予定の方は以下のリンクからお忘れなく申請をお願いします。

営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(1/8~2/7実施分)

2月8日~3月7日の協力金の申請は、3月26日(金)14時から始まりますので、こちらもお忘れなきようにお願いします。

営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(2/8~3/7実施分)

支給に時間がかかるのはなぜ?


「毎回、同じ内容を確認しているだけなのに、なぜ時間がかかってしまうのか?」という声も多くいただきます。

協力金に関して、毎回微妙に条件が変わっており、確認する内容なども変わってしまっています。

前回は最初の協力金から1年が過ぎた所で営業許可証の改めての確認が全事業者対応で入ったこともあり、時間がかかっていました。
また、店舗ごとの支給や、大企業の協力金対象への追加もありました。
さらに今後は「コロナ対策リーダー」の登録も必要となり、支給までに時間がかかってしまうのではないかと課題に感じています。

感染拡大防止協力金については、12月18日~1月7日分の支払いが遅れている現状など記事にしておりますので、こちらもご参考まで。

SHAREこの記事をシェアする

  • LINE