東京都の新型コロナの公開データがおかしい?退院者が3週間も増えなかった理由

こんにちは、東京都議会議員の藤井あきらです。

最近東京都の公開しているデータについて、疑問の声をいただくことが増えました。

「東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイトで公開しているデータがどうにもおかしい」

「東京都の陽性率が高すぎる。調査数が少なすぎるのではないか?」

「退院者は53人しかいないの?」

こんな話を頻繁に聞くようになり、色々と調べていました。

PCR検査の数については、以下のブログでまとめています。

53人⇒297人に急増する退院者は、データ的には明らかに異常値です

そんな中、4月19日に退院者の数が、53人から297人に急増をしました。

率直に言って、驚きました。

退院患者の数は、それまで3週間ほど53人でしたので、突然297人に増えるのは、明らかにデータとして異常です。ありえない事態です。

「東京都は何かデータを操作しているのではないか」と疑う人が出てきてもおかしくありません。

そういった誤解を与えて信頼を失えば、今後の政策・施策の効果にも悪い影響が出てくる可能性があります。

そういった疑念は、すぐに払拭するように情報を発信をするべきです。

原因は、激務の中、保健所から都への報告が届かなくなっていること

退院者数は、各保健所から東京都に報告がされるものになっています。

しかし、コロナ相談や陽性者数が急増する中で保健所の業務も激増し、保健所から都へ退院者の報告が上げることができなくなっていました。

以下の記事などを見ても、急増する陽性患者により、保健所の業務が回らなくなっています。

●追い込まれる保健所「未経験の忙しさ」「過労死ライン超える」…新型コロナ最前線( 毎日新聞2020年4月19日 18時53分(最終更新 4月19日 23時10分) )

そのため、都側でも退院者数を把握ができず、公表している退院者数は53人のままでした。

都もおかしいと考えたのか、本来の保健所ではなく都側から直接病院に連絡をして確認をしたそうです。

その結果、退院者は297人と確認され、対策サイトにも反映されました。

保健所で情報が止まってしまい、都側でも退院者数のデータを把握できていなかったことが問題でした

では、なぜそのようなことが起きるのか?

<追記>21日16時40分
退院者の数が、さらに600人に増えていました。
都の確認が進んでいるという点ではポジティブに評価できますが、すべて把握できているのかどうか心配になります。

保健所の設置主体は23区においては区が設置主体

そこで、PCR検査のフローの確認と、陽性者の報告、ステータスの管理をどのように行っているのか整理をしました。

まず、新型コロナウイルスの陽性者の管理は保健所が行います

保健所の設置主体を確認すると、都の権限が直接及ぶのは、多摩・島しょにある6つの直轄の保健所のみです。

特に患者の多い23区の保健所は、設置主体がそれぞれの23区です。

つまり、23区内の保健所については、管理等の権限がそれぞれの区にあり、東京都はあくまで支援する立場です。

陽性者が判明すると、各保健所から東京都に対して報告され、都では病床のマッチングを行います。

ここにボトルネックがあります。

23区の保健所についてはそれぞれの区が主体で、都は支援・サポートする立場なのです。

危機において「お見合い」になってお互いが動けなくなっているのではないかと懸念をしています。

これは想像ですが、データ管理の方法、運用などもそれぞれの保健所によってルールが違うのではないでしょうか?

本来は、今の技術を使えば、リアルタイムに情報を反映させることも、そんなに大変なことではないはずです。

患者と病床のマッチングに時間がかかっているという問題も聞こえてくるところなので、そこは また別途考察してみたいですが、課題は本論と同じ気がします)

優れたデータ公開も一歩扱いを間違えれば信頼を失ってしまう危険性がある

東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトは、その見やすさ、わかりやすさから大変好評を得ていますが、裏側のデータについては以前より課題意識を持っていました。

データを公開することは、都民との信頼関係を築く上で非常に重要です。

しかし、誤ったデータを出したり、何かを誤魔化しているのではないかと疑われてしまっては本末転倒です。

第一段階を過ぎて、データの出し方を正確に、わかりやすくするための精査する段階に来ていると思います。

まずは保健所の業務フローを見直して、保健所でしかできない事と外部に任せることができることを精査し、外注すべきはすることが求められています。

アイスランドでは、コロナ感染者の追跡を警察が行っているという例もあるようです。
日本では難しいのかもしれませんが、新型コロナと言う国難を前にしては、それくらいドラスティックに考えてもいいはずです。

●A Cop Skilled in Tracking Mobsters Is Now Focused on the Coronavirus (The Wall Street Journal, April 9, 2020 5:30 am ET)

そして、システム化・自動化による業務の効率化、迅速化、リアルタイム化が重要です。

先日のブログでは、船橋市の保健所の事例を紹介しましたが、厚生労働省でもセールスフォース・ドットコムを活用して、都道府県や民間検査機関との情報連携の迅速化する事例が出てきています。

今後、リアルタイム性が求められる民間検査機関でのPCR検査状況、受け入れ状況の確認を迅速化するとのことです。

●セールスフォース・ドットコム、 厚生労働省主導の民間検査機関でのPCR検査状況等に関する 「新型コロナウイルス情報連携基盤」を構築支援(株式会社セールスフォース・ドットコム 、2020年4月9日(4/17訂正済み))

また、これらは約1週間で基本となる情報連携基盤を開発したとのことで、東京都もこれから導入しても遅くありません。

都は、今後、システム化を含めて保健所業務の効率化を検討していくべきです。

Comment

  1. 宮野 正昭

    2020年4月22日 10:35 PM

    藤井さま
    新型コロナに関するいろいろな情報ありがとうございます。
    私は以下を東京都議会に東京都HP経由提言継続しています。

    ①安倍首相は日本も一日2万件までPCR検査能力を増やすと言われましたが、
    一番問題なのは検体採取、検体輸送です。 発熱外来での検体採取は院内
    感染の問題もありますので、以下の様なPCR検査専用ブースの設置が急務と思います。
    例えば東京都のケースでは、感染症指定病院の都立駒込病院の駐車場にPCR検査ブースを設置(東京首都圏は自家用車を利用できる人は限られているので、外国のドライブスルー方式ではなく、ウォークスルー方式)、味覚臭覚障害のある人、発熱・咳の症状はあるが軽症で徒歩や自転車で移動可能な人には、公共交通機関は利用せず移動、PCR検査をしてもらう。同様に都内の他の感染症指定病院の駐車場にもPCR検査ブースを設置、同様の検査を行う。検査希望者が殺到しない様、全てかかりつけ医経由各PCR検査ブース設置病院の予約をとった上で行う。発熱、強い倦怠感、咳、味覚臭覚障害のある人、感染者との濃厚接触者は症状がなくても、最初から新型コロナウィルス感染を疑い、上記専用ブースでPCR検査を行う。現在、新型コロナウィルス感染者の動向は、複数の医療機関を受診した上でPCR検査に到達するケースが散見されるが、PCR検査陽性反応が出る迄の間、感染者は職場に行ったり、他人と濃厚接触している事例が多々あります。
    上記により町のクリニックや耳鼻咽喉科での院内感染防止にも繋がると思います。

    ②新型コロナ収束には残念ながら時間を要すると思います。築地魚市場跡地等に重症化の可能性が高い高齢者向け新型コロナウィルス感染者及び疑いのある患者専用の仮設病院の早急なる建設・設置をお願いします。新型コロナ専用病院を設置することにより、他の病院での院内感染の防止と新型コロナ以外の患者の病床確保に繋がると思います。

    ③東京都がLINEを通じて行っている「新型コロナ対策パーソナルサポート」の
    質問事項の1-A 37.5℃以上の発熱 1-B 強いだるさや息苦しさ 1-C 解熱剤の服用に加え、1-D「臭覚障害、味覚障害の有無」を追加してください。若者の感染者で上記
    症状がでている人が散見されますので、この情報を加えることによりビッグデータの分析をより効果のあるものに出来ると思います。

    返信

  2. 4月25日12時現在データー東洋経済オンライン
    感染者12240
    患者10469、退院2519、重症263、死亡317=合計14067
    感染者数より1827人多い。数字デタラメ
    東京退院少ないテレビ各社に投稿しましたが何処も取上げなかつた、よく解りました
    4月24日12時現在では感染者12240で合計13568で1328人多い
    体制を守るためで国民を守るためではないですね。ここが怖い.
    返信はご無用に願います

    返信

  3. 松本 安弘

    2020年5月6日 6:16 PM

    府中市の新型コロナ感染者の情報が少ないですね・市にメールを入れたろ東京都が発表してないかと言い訳しています、それならなぜお隣の多摩市は発表出来るのですか?それと府中市の内容が余りもお粗末です、単に人数だけです、これなら小学1年生でも出来ます、参考までに千葉県柏のHPを見て下さい、柏市を100とすると府中市は5程度です。

    返信

  4. 一覧表に、発症日・症状、PCR検査陽性日がない。リリース日は件数としてカウントして報道した日付のことだろう。居住地、年代、性別、職業、渡航歴、接触歴があっても病院名・保険所名と発症日・症状、PCR検査陽性日がないと迅速に突き合わせて訂正できない。発症日・症状、PCR検査陽性日を含めて全件報告するよう義務づけられていないので件数だけ報告とかになる。連休明けノ5/8-5/14は過去のデータを報告日に反映して遡って修正していないので各区データのデータがデタラメです。5月21日は11名発生のはずが前日から58名増えていて区別に病院内・施設内・家庭内・公園・市中のデータを見て検疫・隔離・予防・検査・診断・治療の対策状況を確認しようとしても無理です。

    返信

  5.  今朝のテレビで新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が、第2波
    対策に向け「データ検証」した結果、保健所・区←→都のfax連絡を
    止めシステム化して迅速にデータを反映して分析・対策が打てるように
    するべきであるとの結論に達したと言っていた。
    次の点を考慮するべきだと思う。
    ●都は区別の陽性者数累積値を全体数発表の前日データとして発表しているが
     殆ど何の役にも立っていない。
    ●検査で陽性判明の当日判明件数を区別・感染源別に発表すべき。
    ●5/30日14名中7名は小金井市の武蔵野中央病院の患者であったが
      区別の識別は「現住所」の為小金井市は3名となっている。
    ●区内の商業施設、公園、養老施設、病院、家庭内で分類し感染経路不明の場合のみ
     住居の区に計上すべき。
    ●発生日は報告日でなく、陽性判明日および陽性者の症状発生日に遡った集計の両方
     を可能とし、症状発生日-N日を感染日としたグラフも集計表示可能とすべき。
    ●個人データ保護の機能を盛り込む。
    ●年代、性別、国籍、職業、居住地、発症日、症状、感染源接触、同居家族、濃厚接触者
     について本人が公表拒否している場合でも<推定値>として出来るだけ登録し、集計値
    として公表可能として「調査中」件数を減らす。
    東京都は「調査中」件数が23件のまま、現在10日間が過ぎている。
    ●感染原因に近い場所と時間をベースとした分析ができることが必要である。
    ●様々な担当者が同じデータが検索され、必要データが公開され、全国的に同一水準の「管理の見える化」が行われれれば、「横の連携分析」や「対策の横展開」が行われる。

    埼玉県の場合も(さいたま市・川越市・越谷市・川口市)は詳細データ(何例目、年代、性別、国籍、職業、居住地、発症日、症状、PCR陽性日、感染源接触、同居家族、濃厚接触者)は各市のホームページを辿らないとわからず、県発表の数字(検査人数、陽性者数、
    現在の患者数(入院中(うち重症)宿泊療養、自宅療養、入院調整中)、退院・療養終了、死亡の数字へのみ反映されます。ただし、反映は迅速です。
    しかし、手作業なのでシステム化により瞬時に繁栄し、件数だけでなく詳細データも同列に扱われ、都道府県や市の担当者や国の担当者がどこでもいつでも行われれば「横の連携分析」や「対策の横展開」が行われる。

    返信

コメントする

* が付いている項目は、必須項目です。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップページに戻る