都知事選挙・北区都議補選の総括。「大義と共感」生まれ変わった気持ちで出直します

こんにちは、藤井あきら(都議会議員/府中市選出)です。
都知事選の18日間、都議補選(北区)の10日間がおわりました。

ご協力・ご支援をいただいた皆様、都内・北区の皆様、ありがとうございました。

◆2期目の小池都政がスタート

小池百合子都知事は、無事2期目の当選をさせていてきました。
何よりも、ご支持をいただいた皆様のおかげです。

心より感謝を申し上げます。
ありがとうございます。

前回を超える366万1371票(得票率59.7%、なんと歴代2位だそうです)、多くのみなさまから大きな期待をいただきました。

以下のNHKの記事を見ると、小池知事の4年間の実績、特に直近のコロナ対応などが評価をいただいてのことだとわかります。

◎東京都知事選 現職の小池百合子氏 2回目の当選

現在また新型コロナ感染者が増加する局面にあり、こちらの対応は喫緊の課題です。

2期目は何よりまず新型コロナ対策、そしてそれを支えるためにも都の行財政改革が必要になります。

知事と議会の関係ですが臨時議会も間もなく始まりますので、積極的な提案をするなど東京大改革2.0を進めてまいります。

◆天風いぶきと共に、都民ファーストの会も出直しますます

北区の都議補選に立候補した天風いぶきは、残念ながら結果を残すことができませんでした。
ご支援・ご協力をいただいた皆様、ありがとうございました。

私どもの訴えが北区の皆様に届くものではなかったという事だと深く反省をしています。

小池知事は「大義と共感」という事を良くおっしゃいますが、「大義と共感」の視点に立ち返って一から出直してまいります。

これは北区だけでの話ではありません。

記者会見から約一ヶ月と短い期間でしたが、この10日間の選挙戦を戦い抜けたのは、ご支援いただいた皆様、北区の皆様のおかげです。
そして苦しい時も走り続けた、天風いぶき候補者の頑張りのおかげです。

天風いぶき、今後ともよろしく願いいたします。

都民ファーストの会も、今一度、足元を見つめ直し、一歩一歩着実に進んでまいります。

コメントする

* が付いている項目は、必須項目です。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップページに戻る