東北のイカ串焼きに舌鼓を打つ!!東日本大震災から間もなく9年

2020.03.7

こんにちは、東京都議会議員(府中市選出)の藤井あきらです。

3月11日で東日本大震災から9年が経ちます。
毎年実施している復興支援隊チーム府中の「震災を忘れない~寄り添おう府中から~」のイベントも、今年はコロナウイルス対応を十分にした上で、規模を大幅に縮小しての実施となりました。

十分な対策を取って実施している、主催者の決断に敬意を表するところです。

■絶品のイカ串焼きに舌鼓を打つ。プリップリッ!

府中駅前からフォーリス周辺は意外な程、人が溢れていました。
午前中はあまりいなかったようですが、午後から増えたそうです。

岩手県の大きなホタテと、プリップリッのいか串焼きいただきました。美味しい。絶品
日本一のヨーグルトと、餃子とパンなども購入。おなか一杯です。

明日も11時〜16時@けやき並木のフォーリス前でイベントやってますので、ぜひ皆さんも通りかかった際にはお越しください。

■外に出るといろいろな話が聞こえてくる。事件は現場で起きています。

自治会の話や、たまたま商工会議所の人にも会い、地元事業者の経済状況がかなり厳しいという事などをお聞きしました。

都や国の融資が増えましたが、特にギリギリの事業者は既に上限いっぱいまで借金をしてしまっているケースも多く、実際に資金を借りれないのではないかというご不安の声が上がっているそうです。

実態の調査と今回の補正予算に組み込まれた都の制度融資など確認が必要ですね。

現在コメントは受け付けておりません。

トップページに戻る