すべての人の可能性と選択肢を広げ、
①新しい東京 ②優しい東京 ③楽しい東京へ!

新卒で働いたマイクロソフトのミッションは「世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を最大限に引き出す支援をすること」。デジタルテクノロジーで社会をより良くしてきた。

2014年に妹をガンで亡くしたことをきっかけに、社会にもっと直接的に貢献したいと、自分の人生をかけて、世の中のために何ができるのか考える。

2016年に小池百合子都知事の選挙スタッフを務め、選挙中、小池知事と一緒に都内を駆け回り、多くの人の「東京はこのままではいけない」との思いを肌で感じました。東京が変わる最後のチャンス、若い自分がやらねばならないと都議への挑戦を決意。

2017年東京都議会議員選挙に初当選。マイクロソフトで培った経験から民間人材の活用を提案し続け、その結果、2019年には元ヤフー会長の宮坂学氏が副知事に就任するなど、デジタル都議として東京の課題解決に一つ一つ挑戦中。

東京大改革を進め、未来への投資を増やし、①新しい東京、②優しい東京、③楽しい東京を実現します。


藤井あきらの政策

#00 町田市の未来づくり

町田市と東京都の橋渡し役として、皆様一人一人に真剣に向き合い、積極的に対話を進め、街の未来を考えた意思決定と情報公開を進めます。

  • 世界の先行事例を参考にデジタルトランスフォーメーション・DXを推進 – 町田市役所の行政手続きのデジタル化支援、柔軟な働き方を支えるサテライトオフィスの設置などテレワークを進め、ライフワークバランス・満員電車などの課題解決します
  • 道路・交通課題の解消 – 多摩都市モノレールの町田市延伸、MaaSの活用、公共交通の不便地域の解消や幹線道路の整備など交通網の強化します
  • 災害に強い街づくり – 境川の地下調節池の整備など治水対策・水害対策の強化します
  • 産業の促進 – 地元企業のイノベーション、起業および市民協働の支援を通じて社会課題の解決と同時に市内経済と雇用の成長を促進します
  • 教育、子育て支援、待機児童解消 –  一人一台端末環境での学び方、コミュニケーション、欠席届のオンライン化などの校務効率化の支援を進めます。待機児童対策も進めます
  • 福祉・高齢化社会対策 – 医療機関や高齢者介護サービスの充実と連携、フレイル対策、高齢者の社会参加やスポーツ参加の促進などにより、健康寿命の増進や介護状態の改善します

#01 新しい東京

私の信念の一つは、テクノロジーは全ての人の可能性と選択肢を広げるということ。日本では行政においてデジタルテクノロジーの活用が遅れていて、取り残されいる人が多くいる。都民ファーストの視点で、誰もが使いやすいデジタルサービスで生活の質を向上する。

  • 5Gで、つながる東京 – 今やスマートフォンが無い生活は考えられない。高速大容量の5Gの環境整備する通信事業者を支援して、皆さんの毎日の生活をより便利にします
  • バーチャル都庁でいつでもどこでもアクセス – インターネット上に「バーチャル都庁」を実現し、直接訪問しなくても、いつでも、どこからでも行政手続きを可能にします
  • テレワークで柔軟な働き方を実現 – コロナ禍で一気に進んだテレワーク。私も妹の看病をしながら活用していました。看護や子育てにも必須。定着に向けて、サテライトオフィスの整備など取組を進めます
  • 新しい交通政策で不便を解消 – 自動運転やMaaS、交通不便地域こそ新しいテクノロジーの出番です。実証実験などを通じて交通課題を解決します
  • スタートアップ・民間協業の推進 – 新しい技術の担い手の育成も重要。ユニコーン企業が生息できないと言われる日本のスタートアップ政策をひっくり返します
  • アクセシビリティの向上 – 音声認識を使った自動翻訳や自動文字起こし、自動音声読み上げ等、徹底的に都政のアクセシビリティを向上します
  • 防災対応力の向上 – ドローンを使った災害状況の把握や物資輸送、最新の災害システムの活用、都民のSNSから情報収集やチャットボットでの情報提供など取り組む
         

#02 優しい東京

病気、障害、LGBT等の性的指向や性自認、人種や国籍、性別、年齢などの多様性を認め、尊重することで、これまでにないより良いアイデアが生まれたり、より良い社会になります。そんな環境の整備を進めます。

  • ガン基本条例、就労環境の整備 – 妹がガン闘病をした経験から、条例を制定し、病気でも働ける就労対策を推進します
  • インクルーシブな公園の整備 – 都民ファーストの会が全国初で都立公園(砧公園、府中の森公園)に実現した、障害のある子もない子も楽しめるインクルーシブ公園な公園の整備をさらに推進します
  • LGBT等のパートナーシップ制度 –  LGBT等の皆さんにとっても当たり前の権利が、当たり前に認められるよう同性パートナーシップ制度制定を推進します
  • 犯罪被害者支援の拡充 – 都民ファーストの会が実現した「東京都犯罪被害者支援条例」をテコに、区市町村との連携を進め、犯罪被害者に寄り添った支援を拡充します
  • ゼロエミッション東京、2030年ガソリン車ゼロ – 日本でも毎年激甚化する台風被害等、気候変動は待ったなしです。東京都が、全国の自治体や国をリードして取り組みます
  • ペット殺処分ゼロ – 東京都は2018年度にペット殺処分ゼロを実現しましたが、継続して取り組みます
         

#03 楽しい東京

人生には潤いが必要です。音楽,演劇,舞踊,映画,アニメーション,マンガ、ゲーム等の芸術文化に限らず,スポーツや学問も人々に感動や生きる喜びをもたらして人生を豊かにします。私も子どもの頃から音楽やマンガから多くのことを学んできましたし、知的好奇心を満たす事は何よりも幸せです。

  • アートにエールを!東京プロジェクト – コロナ禍で苦しむアーティストを支援したいと都民ファーストの会が実現。支援内容を拡充します
  • 東京都立大学プレミアムカレッジ – 人生100年時代、生涯学べる都立大学で学び直して新たな学びと交流の場を提供します
  • eスポーツ – 全世界での流行とオリンピックの種目としても議論されるエレクトリックスポーツ(e-スポーツ)を東京に普及させるため取り組みます
  • 表現の自由を守ります –  文化芸術活動、特にマンガやゲームとも関係が深い表現の自由を守ります

※藤井あきらも積極的に進めている都民ファーストの会の公約は、毎年進捗を公開しています。

◆公約の進捗 : https://tomin1st.jp/policy/