東京都新型コロナ対策サイトは、全国の自治体にどう広がっているのか?

2020.03.16

こんばんは、東京都議会議員(府中市選出)の藤井あきらです。
本日は、予算委員会でも取り扱った東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトについて、ちょっと解説します。
.
グラフや図で、見やすくてわかりやすいと評判の対策サイトですが、実はそれだけではないのです。
.
・#東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/
.
■大事なポイントは2点
.
ポイントは、以下のTweetの2点。
.
①オープンソースで他の自治体などが、ほぼそのまま利用可能
②GitHubにソースコードが公開され、市民の力を借りて開発が可能
.

②の方は以下Tweetのように、一線級の方が提案してくれて、それを別の人たちが開発して実装するという事がいくつも起きています。

■全国に広がる新型コロナ対策サイト
.
自治体の公式版としては、今の所、以下の神奈川県のみになります。
.
①神奈川県 新型コロナウイルス感染症対策サイト
https://www.pref.kanagawa.jp/osirase/1369/
.
それ以外は、自治体公式ではありませんが、地域のシビックテックと言われる市民の皆さんが作ったサイトです。
今後、自治体が公認するところで、データを即時に反映できたり、サイトの信頼性の裏付けになることが期待できます。
.
②北海道
https://stopcovid19.hokkaido.dev/
③愛知県
https://stopcovid19.code4.nagoya/
④三重県
https://covid19-mie.netlify.com/
⑤長野県
https://stop-covid19-nagano.netlify.com/
⑥兵庫県
https://stop-covid19-hyogo.org/
⑦山梨県
https://stopcovid19.yamanashi.dev/
.
↓↓↓腕に覚えのある方ぜひこちらのGitHubに参加して東京都のサイトを充実させてください!!↓↓↓
https://github.com/tokyo-metropolitan-gov/covid19
.
.
#テセウスの船
#GitHub #OSS
#オープンソース
#シビックテック
#都民ファーストの会
#府中 #府中市
#東京 #東京都
#藤井あきら

コメントする

* が付いている項目は、必須項目です。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップページに戻る